Rhinoceros

Grasshopper

Grasshopper:プラグインKangarooで建築デザインに物理演算を導入する①

とあるコンペで物理演算が必要になり、Grasshopperのプラグインである、Kangarooをインストールしました。
Grasshopper

V-Ray 3.6 for Rhino がリリース!【建築パース】【レンダリング】

V-Ray 3.6 for Rhinoがリリースされています。 YouTubeに紹介動画が上がっています。
Rhinoceros

V-Ray+Rhino:V-Rayで選択した箇所のみをレンダリングする「Region Render」機能

Region Render(リージョン・レンダー)は、RhinoのV-Rayで一度レンダリングした画像に対して、ある一部分だけ手直しをしたいというときに、おすすめの機能です。
Grasshopper

【ライノセラス+Grasshopper】でグラデーションのある飛び石を作る【建築】【外構】

ライノ上でグラスホッパーを利用して、印象的な外構を作る方法。 コンペティションのプロジェクトなど、短時間で効果的な外構デザインが求められる場合などに役立ちます。
Grasshopper

グラスホッパー:Delaunay Triangulation を利用した地形モデルの作り方

ライノセラス上での地形データの作り方 基本的には、下記のいずれかの元データが必要となる。 データ作成の目的は、ライノ上で使える地形データ(サーフェース)の取得と、フィジカルモデル作成の際に必要なコンタ-データの取得とする。 ...
Rhinoceros

SketchUp 2015:スケッチアップで配置したグーグルアースの衛星写真画像の保存場所

スケッチアップで配置したグーグルアースの衛星写真画像の保存場所
Rhinoceros

VRay:レンダリングでウェザリング風の表現をする設定「VrayDirt」

 Example: Radius Parameter Example: Falloff Parameter You can see more settings of VrayDirt on followi...
Grasshopper

ライノビギナーからグラスホッパー実務者まで。レベル別おすすめ書籍の紹介

どうも、bimzoです。ライノセラスで建築設計をはじめようと思ったとき、何から始めたらいいでしょうか?筆者おすすめのライノのおすすめサイト、書籍を紹介します。
Rhinoceros

Rhino+V-ray:ライノ上でおきるテクスチャマッピングの問題の解決方法 – Resolve Texture Mapping Problem

01. Apply Material with V-ray: テクスチュア初期値(この後一回はテクスチュアマッピングは動作する、たしか)
Rhinoceros

Rhino+V-ray:難しい初期設定の最適な数値【建築】【レンダリング】

以下のサイトに推奨設定の記載あり、(ただし全て適用すると時間がかかる。。) Irradiance Mapの設定値 Suddiv: 50 → 100 でぼやけ(Blotches)が完全に解消されたが、時間は倍以上かかる印象。 Im...
Maxwell

ライノ5でマックスウェル・シーを試してみる – Maxwell Sea Extension Plugin in Rhinoceros v5

Awesome!! ライノ上でマックスウェル・シーを行うチュートリアル。 Tut内で紹介されたサイト 各物質のNd値などを参照できるサイト: ここではスプラッター素材をマスクとして使用
Grasshopper

グラスホッパーをはじめよう ~まずは何から始める?~

Scott Davidson氏から送られてきたリンク先の動画から始めてみる。 ・Grasshopper Basics with David Rutten : 1/13 01 - Interface Basics from...
スポンサーリンク