ランドスケープ・敷地

Rhinoceros

How to import a model from Rhino to Twinmotion 2019

Now, I introduce easy way of import a model from Rhino to Twinmotion 2019. This post is English version of this post...
Rhinoceros

【Rhino】ライノセラスのモデルをTwinmotionに移行する設定方法

RhinocerosのモデルをTwinmotion 2019にエクスポート・インポートする方法を紹介します。
Grasshopper

【ライノセラス+Grasshopper】でグラデーションのある飛び石を作る【建築】【外構】

ライノ上でグラスホッパーを利用して、印象的な外構を作る方法。 コンペティションのプロジェクトなど、短時間で効果的な外構デザインが求められる場合などに役立ちます。
Grasshopper

グラスホッパー:Delaunay Triangulation を利用した地形モデルの作り方

ライノセラス上での地形データの作り方 基本的には、下記のいずれかの元データが必要となる。 データ作成の目的は、ライノ上で使える地形データ(サーフェース)の取得と、フィジカルモデル作成の際に必要なコンタ-データの取得とする。 ...
Rhinoceros

SketchUp 2015:スケッチアップで配置したグーグルアースの衛星写真画像の保存場所

スケッチアップで配置したグーグルアースの衛星写真画像の保存場所
Maxwell

ライノ5でマックスウェル・シーを試してみる – Maxwell Sea Extension Plugin in Rhinoceros v5

Awesome!! ライノ上でマックスウェル・シーを行うチュートリアル。 Tut内で紹介されたサイト 各物質のNd値などを参照できるサイト: ここではスプラッター素材をマスクとして使用
スポンサーリンク