レンダリング

ARCHICAD

【建築プレゼン】TwinmotionのARCHICAD Direct Linkプラグインを使ってみる。【超簡単!!】

最近話題のTwinmotionをインストールしてみました。ARCHICAD Direct Linkプラグインが非常に便利だったのでご紹介します!
ARCHICAD

ArchiCAD:CineRenderで、選択した箇所のみをレンダリングする方法

先日、Rhino+V-Rayにて、既に完了したレンダリングのある一部分だけを選択し、再レンダリングする方法をご紹介しましたが、ArchicadのCineRenderにも、同じような機能が用意されています。
Rhinoceros

V-Ray+Rhino:V-Rayで選択した箇所のみをレンダリングする「Region Render」機能

Region Render(リージョン・レンダー)は、RhinoのV-Rayで一度レンダリングした画像に対して、ある一部分だけ手直しをしたいというときに、おすすめの機能です。
Rhinoceros

VRay:レンダリングでウェザリング風の表現をする設定「VrayDirt」

 Example: Radius Parameter Example: Falloff Parameter You can see more settings of VrayDirt on followi...
ARCHICAD

V-Ray:何を使うかで全然違う。レンダリング内のカメラ種類6種

from VRay for 3ds Max Manual Example 1: Camera types
Rhinoceros

Rhino+V-ray:ライノ上でおきるテクスチャマッピングの問題の解決方法 – Resolve Texture Mapping Problem

01. Apply Material with V-ray: テクスチュア初期値(この後一回はテクスチュアマッピングは動作する、たしか)
Rhinoceros

Rhino+V-ray:難しい初期設定の最適な数値【建築】【レンダリング】

以下のサイトに推奨設定の記載あり、(ただし全て適用すると時間がかかる。。) Irradiance Mapの設定値 Suddiv: 50 → 100 でぼやけ(Blotches)が完全に解消されたが、時間は倍以上かかる印象。 Im...
Maxwell

ライノ5でマックスウェル・シーを試してみる – Maxwell Sea Extension Plugin in Rhinoceros v5

Awesome!! ライノ上でマックスウェル・シーを行うチュートリアル。 Tut内で紹介されたサイト 各物質のNd値などを参照できるサイト: ここではスプラッター素材をマスクとして使用
スポンサーリンク