Grasshopper

GUIベースのプログラミング・プラグイン、Grasshopperについてチュートリアルきなどを紹介してます。
実際のGHファイルをダウンロードできる記事が多めです。

Grasshopper

【書籍紹介】建築エンジニア必読『コンピュテーショナル・モデリング 入門から応用 Grasshopper × スクリプトで極めるアルゴリズミック・デザイン』新たなGrasshopper名作本の誕生。

今年9月に発売された書籍『コンピュテーショナル・モデリング 入門から応用 Grasshopper × スクリプトで極めるアルゴリズミック・デザイン』の紹介をしています。
ARCHICAD

【ARCHICAD】2D塗りつぶしを3Dゾーンに変換するTips 【Grasshopper Live Connection】

ARCHICAD22で「塗りつぶし」要素を「ゾーン」に変換しています。 普通にはできないので、Grasshopper Live Connectionを使っています。
Grasshopper

【緑の表紙が目印!】noiz architects著「Rhinoceros+Grasshopper 建築デザイン実践ハンドブック」の改訂版第3版が5/17に発売!!【Rhino6対応】

このサイトでも、ライノを使い始めるならまずおすすめの書籍、ということで以前にも紹介したことのある、noiz architects著「Rhinoceros+Grasshopper 建築デザイン実践ハンドブック」が3回目の大幅改訂を行って再出...
ARCHICAD

【Rhino+Grasshopper+Archicad】Live ConnectionでBIGの建築作品「A45」を作ってみる①【連載1回目】

Archicad20からRhinoceros-Grasshopper-Archicad Live Connectionが実装されました。今回の連載では、BIG:ビャルケ・インゲルス・グループの小さな建築作品「A45」を題材に、Grasshopperの生ファイルからどこまで動的にBIM化できるかをテーマに検証していければと思います。
Grasshopper

【ライノセラス+Grasshopper】Image Samplerで建築デザインに画像を取り入れる ②応用編 木ルーバーを作る

前回の記事の続きです。 今回は応用編として、 画像を木ルーバーの建築デザインに取り入れてみようと思います。
Grasshopper

【ライノセラス+Grasshopper】Image Samplerで建築デザインに画像を取り入れる ①事例と基本モデル【連載1回目】

今回はグラスホッパーのImage Samplerコマンドを使って、できるだけさりげなく、建築の一部であるかのようにイメージをデザインに取り入れられるかを、2回に分けて紹介・試作してみたいと思います。
Grasshopper

Grasshopper:プラグインKangarooで建築デザインに物理演算を導入する② インストール方法

前回の記事の続きとして、Kangarooのインストール方法を紹介します。 Kangarooはライノ、GH上でうごく、物理演算のシミュレーションが可能なプラグインです。 インストール方法に注意が必要なので、紹介します。
Grasshopper

Grasshopper:プラグインKangarooで建築デザインに物理演算を導入する①

とあるコンペで物理演算が必要になり、Grasshopperのプラグインである、Kangarooをインストールしました。
Grasshopper

V-Ray 3.6 for Rhino がリリース!【建築パース】【レンダリング】

V-Ray 3.6 for Rhinoがリリースされています。 YouTubeに紹介動画が上がっています。
Grasshopper

【ライノセラス+Grasshopper】でグラデーションのある飛び石を作る【建築】【外構】

ライノ上でグラスホッパーを利用して、印象的な外構を作る方法。 コンペティションのプロジェクトなど、短時間で効果的な外構デザインが求められる場合などに役立ちます。
Grasshopper

グラスホッパー:Delaunay Triangulation を利用した地形モデルの作り方

ライノセラス上での地形データの作り方 基本的には、下記のいずれかの元データが必要となる。 データ作成の目的は、ライノ上で使える地形データ(サーフェース)の取得と、フィジカルモデル作成の際に必要なコンタ-データの取得とする。 ...
スポンサーリンク