Twinmotionは、2020年初頭まで無料ダウンロードが延長。

Twinmotion logo

Twinmotionは、2020年初頭まで、無料ダウンロードが延長されています。

Twinmotionは、2020年初頭まで、無料ダウンロードが延長されています。

以前より、このブログでも紹介してきました、建築、都市のリアルタイムレンダリングソフト、Twinmotion(ツインモーション)ですが、2019年11月までの無料ダウンロードの提供が、2020年初頭まで、延長されています。

Epic Gamesの中の方のツイートを紹介させていただきます。

少し前のツイートですが、現在このような状況になっていますので、現在(2020年1月8日)のところ、引き続き無料ダウンロードが可能な状態になっています。

ダウンロード方法等は、以前の記事で紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

(↓ ↓ 以前の記事 ↓ ↓ )

ARCHICAD→Twinmotionへの移行方法

上のリンク先と同じ記事になりますが、ARCHICADのモデルからTwinmotionへの移行方法を以前の記事で紹介しています。

Rhinoceros→Twinmotionへの移行方法

ライノセラスのモデルからの移行方法は、以下の別記事で紹介しています。

ARCHICAD23ユーザーは、Twinmotion2020の利用が可能に。

また、ARCAHICAD23ユーザーは、有償版となるTwinmotion2020に関しても利用可能になるようです。

こちらも以前の記事で状況をご紹介しています。

Twinotion 2020のティーザーが公開

また、昨年2019年12月に、次期メジャーアップデートとなる、Twinmotion 2020のティーザーが公開されました。

Twinmotion 2020 teaser #1 | More news coming in 2020

みたところ現状のツインモーションとの大幅な差は感じられませんが、具体的な機能追加に関しては、今後、より詳細が明らかになってくると思われます。

コメント