コラム

コラムは、リアル・ウェブ問わず、BIM関係の気になる情報を手掛かりに、実務でBIMに取り組んでいる筆者なりの考えや感想を書いているカテゴリです。

Grasshopper

【書籍紹介】建築エンジニア必読『コンピュテーショナル・モデリング 入門から応用 Grasshopper × スクリプトで極めるアルゴリズミック・デザイン』新たなGrasshopper名作本の誕生。

今年9月に発売された書籍『コンピュテーショナル・モデリング 入門から応用 Grasshopper × スクリプトで極めるアルゴリズミック・デザイン』の紹介をしています。
コラム

【BIM・3D】ソフトウェア開発者を信頼するということ。

建築設計でも、ソフトって3D、BIM、Adobe関連、新しいものが次々にでて、またアップデートも繰り返されるので覚えるのが大変ですよね。ソフトウェアへの向き合い方について、思ったことを書きました。
ARCHICAD

【ARCHICAD】BIMで1万平米規模の基本設計を7日間でまとめた話

最近、ARCHICADで1週間で1万平米規模の建物の基本設計をまとめたので、その時の話を可能な範囲で共有できればと思います。BIMって実際どうなの?って思っておられる方に見ていただければと思います!
コラム

【型式認定不備】今度は大和ハウス。改修工事は2,078棟中、73棟のみ?設計不備に一設計者の思う事。

また、建築業界で大規模な建築基準法への不適合な設計施工が明るみになりました。一設計者として感じたことを書いてみようと思います。
コラム

【建築設計】「しゅん功図」と「竣工図」どちらが正解?年度末に図面名称について考えてみた。

今年も年度末の季節がやってきました。 最近、仕事で気になった、「しゅんこうず」の書き方について、少し書いてみようと思います。
コラム

【ガジェット紹介】仕事(建築設計)用にアマゾンでゲーミングマウスを買ってみた。

仕事中、アーキキャド3Dビューでマウス真ん中スクロールで回転しようとすると、あれ?マウスの真ん中ボタンが壊れて反応しなくなっていました。。何かいいマウスはないかなと、探していた時によさげなマウスを見つけたのでご紹介します。
コラム

【書籍紹介】今月の「建築技術」がアツい。月間建築技術2018年12月号、特集は腰原幹雄先生が監修!!

とある関係で購入した今月12月号の「月刊建築技術」がかなり内容盛りだくさんで素晴らしい内容となっていたのでご紹介します。
ARCHICAD

[BIM] 革命の時を待つ。~Graphisoft Japan代表コバーチ・ベンツェ氏のブログを読んで~

「破壊的技術*」という言葉があります。これはそれまでの技術と根本的に違う新しいものが導入される際には、困難や痛みを伴うという意味で使われます。
コラム

このサイトで使用するテキストのスタイルの凡例

このサイトで使用するテキストのスタイルを掲載します。記事を読む際の凡例としてご使用ください。 なるべくシンプルで可読性の高いデザインとなるよう、改良していければと思います。 コロンの右がスタイルの意味、左がその表現とhtmlのタグになります。 大きく使用するタグは変えるつもりはありませんが、スタイルに関しては適宜改良していきます。
コラム

Tips: 建築パース・プロに見える添景の置き方

屋外の大きな面積に人を置くとき、単にばらばらとおいてしまいがちだが、いくつかの群れにしてかたまりにして配置するとよさそう。 人が小さい場合でも画面構成上の重要な要素にできる。
スポンサーリンク