【建築設計】「しゅん功図」と「竣工図」どちらが正解?年度末に図面名称について考えてみた。

今年も年度末の季節がやってきました。
取引先が官公庁関係の設計事務所の方は、来年度から運用開始の物件がひと段落終えて、現在竣工図をまとめかかっているという方も多いかもしれません。
最近、仕事で気になった、「しゅんこうず」の書き方について、少し書いてみようと思います。

「しゅん功図」? 「竣工図」?

かくいう私も、2年がかり、8,000㎡規模の建物の設計監理をようやく終えて、竣工図を整理しています。
(竣工図は、通常は施工者がまとめることが多いのですが、今回は変更が割とあった事もあって、施工者と設計者、半々くらいで作業を進めています( ;∀;) )

今日もPCに向かって作業をしていたら、後ろから、

後輩「あれ、《しゅんこうず》の字、間違っていますよ!?」

と声をかけられました。どうやら、私の図面枠にある、「しゅんこうず」の間違いに気づいてくれたようです。

「ええ、そう!?どれどれ…」

図面「しゅん功図」

後輩「《竣工図》が、《しゅん功図》になってます!!」

「いや、これであってるよ。お施主さんからもこれで指定があったし。。」

後輩「えっ、そうなんですか!?」

というやり取りがありました。

竣工図の「竣」は常用漢字ではないらしい。

気になって調べてみると、

まず、竣工竣功は同じ意味らしい。

しゅん‐こう【竣工・竣功】
〘名〙 (「竣」は終わるの意) 建築工事、土木工事などが完了すること。落成。竣成。〔布令必用新撰字引(1869)〕
※菊池君(1908)〈石川啄木〉四「網走線鉄道の竣工した暁には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について

そして、

竣工の「竣」は常用漢字には、ない漢字のようです。

常用漢字一覧 - Wikipedia

Wikiを見ても、

確かに、ない。

4種類の「しゅんこうず」が考えられる。

つまり、 常用漢字で書けるものについては漢字表記、というルールで行くと、 「しゅんこうず」には、以下の4通りの書き方が考えられます。

  • 竣工図
  • 竣功図
  • しゅん工図
  • しゅん功図

会社の過去の竣工図を見ると、圧倒的に、というかほぼ「竣工図」でした。
個人的にも、「竣工図」が一番なじみがあります。
ただ、官公庁として、常用漢字を使うとすると、「しゅん工図」「しゅん功図」になってくるのですが、なんとなく印象的には、「しゅん功図」が多い気もします。
実際、とある自治体の仕様書に基づいて今私が作っているのも「しゅん功図」です。
が、検索してみると、自治体によって、「しゅん工図」もありますね。


同じ自治体でもケース毎に違う表記、というのもありそうです。

「しゅん工図」でのGoogle検索結果の例。同じ自治体でも部署によって違うのか?
「しゅん工図」でのGoogle検索結果の例。同じ自治体でも部署によって違うのか?

同じ自治体でも部署(建築と土木とか?)によっても違うのかもしれません。

「しゅん功図」作成の際 には、事前の確認が必須。

以上のことを踏まえると、どれも正解でもあり、お施主さんによって指定があれば、それが正になる、ということになるのかと思います。
まとめるとすると、「しゅん功図」作成の際には、事前にお施主さんに表記の確認をしておくことが、手戻りがなくて良さそうですね!(^^♪♪

記事のタイトル画像:
image by Malachi Witt.

コメント