Twinmotion 2019を日本語化する設定方法【Tips】

Twinmotion 2019を日本語化するTipsをご紹介します。

Twinmotionを日本語化する

Twinmotionには言語設定があらかじめ仕組まれているので、日本語化は比較的簡単にできます。

ツインモーションを開いて、画面右中ほどのハンバーガーメニューを開きます。

ハンバーガーメニューを開きます。

「Preference」を選択します。

「Preference」を選択。

Preferenceめにゅーを開いて、「Appearance」に行き、「日本語」を選択します。日本語化としてはこれだけでOKです。

「Appearance」に行き、「日本語」を選択

以下のように日本語化されました。

日本語化されました

「Preference」でいろいろ設定できる

以上が日本語化の設定方法になります。そのほかの設定についても、「Preference」でいろいろ設定できますのでぜひ確認してみてください。
TwinmotionはUI、操作が非常に明快なので、基本的には触っていくうちになれる、というスタンスのソフトになっています。そのため、公式ヘルプページはほぼありません。その代わり、ユーザーのコミュティーフォーラムを充実させていく方針のようです。

無料版の Twinmotion には技術サポートがありますか?

無料版 Twinmotion のためのサポートは、コミュニティ ベースとなります。他のユーザーの方々とともに、オンライン ディスカッション フォーラムに参加することでヘルプを得ることができます。Epic は、Twinmotion コミュニティを育て発展させることに力を注いでまいります。

よくある質問(FAQ)

何か分からないことがあったら自分で調べるか、フォーラムで聞くという形になりそうですね。

「日本語化」は重要か?

さいごに蛇足ですが、「日本語化」ってどこまで重要でしょうか?
作業をしていると機会によっては外国人とコラボレーションすることがよくあります。そのとき、日本語化されたソフトを使えてもコミュニケーションがとりにくいんですね。
個人的な経験としては、日常的に英語ベースでソフトを使っていれば、例えコミュニケーションとしての英語が不慣れな場合でも、ソフトを介してコミュニケーション、コラボレートできるという利点があると思っています。
TwinmotionやRhinocerosなど、それほど複雑ではないソフトに関しては、極力もとの英語のままのインターフェースでの作業になれておく、という事は何かの時に役に立つかもしれません。

コメント